スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
治療方法は
2009 / 06 / 17 ( Wed )
今日は、華さんの経過診断のため病院へ。
お目々は最近、まんまるの状態が多くなりました。
眼圧は、両目共に20~30。
とくに左目は30が一定の数値となってきました。あまり良くないそうです。
目薬の回数も、1日4回と点すようにしています。

そこで今回、先生の方から、提案というか実行しましょうという話が。
左目のレーザー治療です。
レーザーで目の周りを刺激して、水が溜まらないようにする治療だそうです。
これで華さんの「まんまるお目々」「緑内障」が解消されるのかというとそうではなく、
緑内障の進行を少しでも遅らせて、目薬の回数も減少させるといったことが目的です。

これによって、左目は完全に見えなくなってしまわないだろうか、、、
アレルギーだらけで麻酔をかけても大丈夫なのだろうか、、、
心配だらけではありましたが、レーザー治療をお願いすることにしました。
先生にお任せするしかありません。
治療後のケアを私は頑張らないといけません。
レーザー治療を受けるのは、来週です。 華ちゃん、頑張ろうね!
090617_1133~02
スポンサーサイト
11 : 33 : 11 | 病院 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<お疲れです。 | ホーム | お散歩>>
コメント
--事は重大ですね。--

レーザー治療とは、恐らく、「毛様体焼烙術」というものですね。
眼房水を産生する毛様体をレーザーで焼き、眼房水を作り出せなくする手術です。
緑内障の手術には上記の他に外科手術により、角膜と虹彩の間にある「隅角」に穴を開け、眼房水の流れ出る道を確保する方法もあります。
華ちゃんの症例では、眼圧に変動があることから、流路は詰まっていないと判断されたと思います。また、流路確保の手術では、術後に線維素(フィブリン)が析出してそれがまた流路を塞ぎ再発する可能性もあります。
根本的な治療法からすれば、眼房水の生産量を減らす本手術の方が効果的でしょう。
人間の近眼手術(レーシック)でもレーザーは用いられますが、体への負担は少なく、日帰り手術です。まあ、ワンコの場合は暴れては困るので、全身麻酔をする必要があるため、麻酔が覚めるまでは入院しないといけません。
手術に踏み切った理由として、薬物療法期間が長期化し、眼圧も高く推移しており、このままだと視神経を圧迫し、失明する可能性が高いく、手術時期を逸すると圧迫された神経が元通りに回復せず、目が見えにくいままになってしまうからと考えられます。

手術が成功して、視力が確保されることを祈っています。
by: るるパパ * 2009/06/25 07:18 * URL [ 編集] | page top↑
--るるパパさんへ--

るるパパさんがコメントされている通りです。
水を作り出さないようにする手術です。
かかりつけの病院の先生にも色々と相談して、全身麻酔は大丈夫とか聞いて少し安心しました。
完治は無理であっても、少しでも華の体に負担の無いように。
少しでも光を感じている事ができるように。
ただただ、それを願うばかりです。
いつも分かりやすい説明をありがとうございます!!
by: 慶子 * 2009/06/26 22:02 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hana0117.blog64.fc2.com/tb.php/655-f9bdcc56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。